ギルドメンバー共用blog (・ω・)
05 // 2017.06 // 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
▼ 6/5GG 結局書いた

 今回はRAR同盟に雇われました。
 それはいいんすけど、雇われて2日ぐらいして小規模スレにぱるるがRARに雇われたとか書かれていて「そういや4Bのときもスレに書かれていたし内部犯行か?」と思いちょっとだけ方面に打診したところ、どうやら違うようでちょっと安心しました。
 えーと、ばらしてる人はそういうのやめてくれないかな。あんたはちょっとした提供者気分で書いてるのかもしらんけど、同盟にしたら相手に余計な警戒心与えるだけでプラスになんねえっす。俺ならそういう情報が入ってきたら相手ギルドのblogとかに職構成とか型とかステとか装備チェックしにいくよ(そういうのかわってんならレポートとか書くなよと言われそうだが、それは別腹だ)。もし自分の同盟が嫌いならさっさと抜けてしまえ、邪魔っすよ。
 とまあ気分悪くなる出だしですが、内容はまあまあ長い今回のレポートです。楽しめる人は楽しんでください(・ω・)b




 B3 魚放棄

 放棄ゲット。雇い主からB3攻めの知らせを受けた時点でB3は放棄であるというのは明白であり、ぱるるは戦力として役に立たない旨と有効活用するには第2攻め先を第1に持ってくるのが望ましいですと具申するも受理されず、残念なことにB3を占拠することになりました。あまりにも敵がいなかったら放棄攻めの可能性も示唆されていたが、防衛するとのことで、残念ながらぱるるは放浪の旅に出ます。


 L3 残影攻

 ウェンがV5放棄だから行こうとの話。私も放棄という話は聞いていたので候補には入れていたが、これまでの経緯から戦力的にV5占拠よりもL3攻城のが楽であると判断し、L3攻を敢行(重かったら場合はV5へ移行という案だった。これは二度手間のように思われる方もいるかもしれないが、L3の実情がわからないため仕方がなかった。10数名の戦力では偵察に出す戦力はないです)。
 L3は残影が占拠していました。ER前にはKS等のギルドが集まっていました。普段なら強気の戦闘姿勢で挑むのですが、こちらは若干15名であることを考えると、どう考えても攻城はできないため、こちらから手を出さないことに。
 先に突っ込んだ人の話によると中は30人前後のlokiあり。残影ということを考慮すると、さらにブラギスクリームのありありと思われます。しかし、攻め側の数は50↑いるのでこりゃ余裕だなと静観。前のギルドが突っ込んでいってから3分は割れるまでにかかるもなので、先に突っ込んでいただく。そしおくばせながら突撃。

 ………

 突っ込んだギルドは蒸発しておられました。それでも気をとりなおしてロキ雷鳥を倒すことに。そう思って切りかかるものの、SGで凍って解けない。かつダメージも受けない。
「……ぱんだ、俺に献身した?」
「しました」
「献身されると凍ってたら解けないよ」
 あてぽとかみのみ献身って伝えたはずだと思ったのに、伝達が不十分でした。突撃失敗。その後、wiz2+プリを2MAPニおいて排除させつつ2回、3回と突撃しますが多少削るものの徒労に終わりました。
 この時の反省としては、KSが死に戻り排除をしないことに腐っていたことです。これでは突撃して削っても意味がないと胸中でぶーをたれており、細かい突撃の指示を出しませんでした。これによりまとまった突破力ができず、残影を切りくずせなかったものと思われます。
 そしてこれでは落とせないと水場にぱるるを集め、本格排除に乗り出します。不本意ですが、KSに落とすことを任せます。しか、同時にKSが撤退。残りはぱるるだけに。仕方ないので全員で突撃。ティリアの提案で、全部無視でひたすら奥を目指す事に。一丸となって奥に向かったおかげかエンペまでたどり着く事ができました。まずは見張りを殺し、次いでエンペの破壊にとりかかります。しかし、追いかけてきた後続に倒されおつ。死因はメマーでした。魔法があまり降って来ないときのことも考え、ウィスパもつけていったほうがいいと感じました。あと、見張りを無視してエンペを殴っていたら、もしかしたら間に合ったかもしれないです。失敗でした。
 その後、もう一度突撃を試みますが、他勢力が撤退+ぱるるが全突撃したためERが完全復帰。これは無理だということでL3から撤退しました。

 ここでウェンから「落とせるんだらか撤退しないべき」「落とせないのは攻め方が悪いだけ」と意見がありました。ここで私は人数の差がありすぎるから無理という意見だけで突っぱねてしまいました。突っぱねるといっても私の中で2分ほど時間を区切り、攻略について考える時間をとり善処してみたのですが、打開策は浮かんでこず結局のウェンを無視するという展開になりました。がんばれば落とせる範囲であるという気持ちはとてもよくわかっていたのですが、死に戻りカットをぱるる独自で行った場合、10人程度は裂かねばならないため、ERの突入人数が5-6人になってしまいます。そこで20数人の防衛を削れるかどうかという問題になり、結局私は断念してしまいました。
 ウェンの意識としては、EDPをふんだんに使い確実に防衛側を落としていけばなんとかなるというものだったと思うのですが、ぱるるの財政的にそれは難しかったです。あとロキ雷鳥がやたら堅かったので献身の可能性、あるいは回復材が結構出ておりマステラをしようしていたという可能性があり、アタッカーが私しかいない状態で切り崩すのが難しかったのです。ここはあてぽと共同で作業すればなんとかなったかなとも思うので、私の判断ミスですね。もっと積極的に集中攻撃するべきでした。まる。


 L1 レース

 L3あきらめて隣のL1へ。何でV5にしなかったかっちうと、他ギルドが制圧していたという情報があったから。L1は攻め勢力が過多でなんとか、混ざってしまえば落とせそうな感じ。いつものようにクロークでエンペまで近づいてあとはEDP→殴り。並居る他ギルドを押し分けて無事にぱるるでげっと。
 しかし、このままでは攻め勢力が多く、とても防衛できません。なのでここはすっぱりあきらめ、崩される事前提で以前に想定していた防衛線を作り防衛。第3MAPのカプラ横です。割合がんばったものの、効果は5分↑の引き伸ばしってとこですか。がんばったほうっすかね。ここで派兵の話が出て本体と合流しての正式派兵となりました。


 V5とL3

 どっちも見所がないので気になったことだけ。
 今回のGGにおいての最も大きな不満がこの派兵にありました。それは派兵先の選定やこちらの戦力の出し方ではなく、ポタ子についてです。3人のポタ子がいたわけなのですが、それぞれが自分の持っているポタを把握していない……。V5下さいというと、誰々がもってるんじゃないのー、わたしもってないよー、そっちじゃないー、と言い出しあいます。すると、V3ならもってますというほこ子がいたので、仕方ない自分でとってくるかとV3を出してもらってパンツマンで入るとそこはV5。あんじゃねーかと。
 次いでL3の派兵でも誰が持っているかで揉めて、それぞれがポタスキルでメモ一覧を出した結果、私が持ってるというプリがいて乗ると、そこはL5。仕方ないんで歩いてL3にいきました。
 これは多分、RARが悪いのではなくポタ子の辺りが悪かったのだなと思うんですけど、こういうところの確認からする必要があるんだなぁと勉強になりましたっつったら綺麗に終わるんですけど、ポタどこメモったかを覚えててくれるように躾ておいてください。自分のポタメモ位置がわからないとか、なんのためのポタ子ですか……。


 B3 防衛

 セレがきて、熊Cがきて、薔薇がきて、ルインがきてかな?
 とりあえずわかったことは、止められないということ、派兵されていたぱるる他の部隊は戻るのが困難であること。ちうわけで無理に戻ろうとするのではなく、3MAPのラストで攻め側がしている死に戻りカットのさらにちょっと手前で相手の部隊を叩くという手を打ちました。ちうても、攻めて来る勢力に対して防衛は脆弱すぎで、大した抵抗ができません。実質、重力に助けられましたね。
 んで、ラスト10分頃で落ちないと確信したので、私はレースを求めC3へ(登山がとっちゃっててどうしようもなかったんですが)。同時にIRCで「3分前に割り始めたら良いよみたい」なこと言ってたんで「4分前目指してに割ったほうが良い(ラグあるからつくだけで精一杯でつよー)的なこと言って、あとはひげ任せ。ひげはがんばってせっついてました。ウェンとかも必至に割るように指示出してくれと叫んでいたのですが、もうかなりひげががんばってせっついていたので、限界かなと。あと言えるとしたら「さっさとエンペに走って全力で殴れよ、バカチン共がっ!!」ぐらいなんすけど、流石にそんな失礼なことは言えないし、どこでもいいか割れとかいう権限ねぇ。EDPもってんだから俺が割れよwwwwwwwwって話があるかもしらんけど、それはなしんこ。同盟のためにギルド枠を空けるとかできねぇ。この前のへ協でやっちゃったから割る気なしんこ。あとぜってー宝をちょろまかしたくなるんだぉー。だから割らないんだぉー。割れなかったんだぉー。残念。


 総評

 重かった。瀬世ちん、だるくなってた。ぱるるの使い方が適当だった。またウェンと意見分かれた。不快感与えて悪かったなぁと。抑止力として対立するのはいいけど、これは不快感を与えるレベルになってるなぁと。最終決定権は完全に瀬世ちん持ちだし。もうちょっと柔軟にウェンの意見に対応できるようにしたいです。
 次回は冷静になることに勤めようかと思います。けどね戦闘に参加してるとどうしても熱くなっちゃうんだよねぇ。戦闘しつつ熱くならずに指揮はむずいっす。文民統制とか大事だよなと思いました。


 補足

 L3は他とちっょと違うWP出て左側に雷鳥、右端1列がロキ外という仕様でした。また1列目に全ての前衛を詰め込み、曲り角はアンクル+リーフ。これは中々良い防衛だったと思います。また中ごろのブラギスクリームもエンペ側と入口側、両方に影響があり、とても強かったなと。この人数として強固な方の防衛なので、今後にも期待させて頂きます。難を言うとすればwiz不足でしょうか。防衛になった時に何人かをwizにシフトチェンジできるといいですね。今はブラギで誤魔化すというと言葉が悪いですが、水増ししている状態なので、そもそもの大魔法をもう少し降らせることができるなら、より強固になると思います。がんばってください。

スポンサーサイト
【2005.06.06 (Mon)】 未分類 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
« 本日のまりまり語録 | BLOG TOP | 6月5日GVG »
この記事に対するコメント
L3の無視して奥いくのいったの俺よ^-^
【2005/06/06 ()】 URL // かみ #brhnehmU [ 編集 ]
かみだったか。
どっちでもよしwwwww
けどエンペちょいなぐってたから見張りむししてマステラでたえたらいけたかもな
【2005/06/07 ()】 URL // 瀬世 #q7YihaEI [ 編集 ]
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://paruru.blog9.fc2.com/tb.php/50-e716f0cb
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
paruru
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 〒 ぱ る る 〒 All Rights Reserved. 【 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。