ギルドメンバー共用blog (・ω・)
03 // 2017.04 // 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
昨日の話
 雪。
 雪が降っていた。
 灰色のビル間に広がるこれまた灰色の空から、真っ白な雪が粛々と降り出していた。
「こうじ、雪だよ」
「だな」
 地下鉄へと通じる階段の上から三段目。俺が壁を背にし、ふみがその正面に立ち、互いの距離はないに等しい。その上で背へと腕を回してるこの状態は、傍から見れば抱き合っているように見えなくもないが、実際に抱き合っていたりするので仕様がない。一応、人通りの少ない末の階段を選びはしたものの、それでもちらほらと通る人達はいるわけで、その度に気まずい思いをしている、俺だけが。そもそも、壁側に立っていた時点で負けは確定していたのだ。
「なあ、まだか?」
「もう少し。まだ電池メーター2つ目ってとこかな」
「高速充電機能とかついて無いのか」
「ん? んん? それはちゅーをしたいってことかな?」
「ちげぇし! わかったから、大人しくしてろ」
 見上げようしていたので、後頭部を抱えてきゅっと押し付ける。今の顔を見られるのは色々とうまくない。昔からポーカーフェイスは苦手なのだ。
 押し付けた分、息苦しくなったので、少し深く息を吐く。奥の方から出て来た吐息は頻繁に出入りしているものと比べ湿り気が多く、より白く凍った。きらきらと目に見えそうなぐらい大きな結晶達が一瞬視界を覆い、散る。と、こんな風にどうでも良い当たり前に感傷を覚えるぐらいやられている時期なので、そりゃもう目なんて合ってしまったら全てを悟られてしまうに違うないのだ。それは困る。困るのでくしゅくしゅと撫でてやった。珍しく嫌がらなかった。
「ねぇ」
「どうした。もういいのか?」
「ううん。そうじゃなくて。考え直す気とか、ないのかな?」
「何のことだ」
「わかってる癖に」
「お前だってわかってんだろ」
 頭にやっていた手を背中へと戻す。
「でもでもっ! 時間が解決してくれるとか、そういうのってあると思うんだよね」
「どうにかなるんだったら、とっくになってるだろ。なってないだろ。いや、そりゃ、俺はお前のこと好きだよ」
「私も好きだよ。だから、ね?」
「けど、それ以上に嫌いだ。好きが8で嫌いが6ぐらいだな」
「それだとやや好きってことで良いのかな?」
「そして、こいつ面倒臭ぇが20」
「ひどっ! それ、全然勝負になってないよっ!」
「だから別れるんだろ。そもそも付き合ってたかどうかも怪しかったけどな。ほら、そろそろいいか」
「今ので気分を害しました。あと5分追加です」
「そっすか」
 どうでもいいけどね、なんて続けたらさらに延長されてしまいそうなので、胸に留めておく。そもそも、別れようと言い出したのはこいつなのに、それで呼び出されたのに、何を言ってるのだろうか。だんだんムカついてきた。
「ふみ、ちょっといいか」
「いいよ」
 と言われたので、肩を掴んで少しだけ体を離す。
「え? 終わり?」
「終わらない」
 空いた隙間に腕を入れ、ふみのあごに指をやる。ちょっと力を入れたら、すぐに理解された。全く、こういうところは感のいい奴なのだ。
「ほら、充電してやる」
 ムカついたのであくまでも偉そうに。偉そうに重ねてやった。
スポンサーサイト
【2006.12.10 (Sun)】 かみぶろぐ // TRACKBACK(0) // COMMENT(8)
かみ日記

 雪。

 雪が降っていた。

「こーじ君、雪だよ!」
「んだな」
 はしゃぐゆいにそっけない返事を返しつつも、視線は白い軌跡を追っていた。
「ホワイトクリスマスだね」
「イブ、だろ?」
「違うよ。今日は23日だからイブイブだよ」
「なんだそりゃ」
 北国育ちの俺にしてみれば、雪なんて降って当り前、地面は白いのが当り前。なのに、感慨深げに見上げてしまう辺り、俺もすっかり内地の人間になってしまったらしい。嬉しいような、悲しいような、切ないような、寂しいような。合計でマイナスな気分。
「どっちにしろ、ホワイトクリスマスってのは正しい表現じゃないな」
「なんでさ」
「イブイブなんだろ。だったら、ホワイトクリスマスイブイブじゃないか」
「こーじ君、冷たい」
「冬だからな」
「語呂も悪い」
「地方人だから訛りが酷いんだ」
「夕食はこーじ君の奢りで」
「それはない」
「こーじ君、冷たい」
「冬だからな」
 土日と祝日が連なり連休となったクリスマスは、初日から呆れるほど混雑していた。
 一つ、自分の歩調で歩けない。一つ、自分の思った通りを歩けない。一つ、袖振り合ってはうざったい。しかも、ゆいが腕に絡んでくるものだから、余計に歩き難いときている。まったく、やれやれだ。
 じろと、目だけを動かして隣を見る。と、目が合った。はっとされた。ガシと擬音が起ちそうなぐらいしっかと腕を掴まれた。
「冬だから寒いんだもん」
 まったく、やれやれだ。
「ダメなんて言ってないだろ。それと、その言い訳は高校生かなんかか? 寒いなら身近にポケットがあるだろ」
「愛がないもん!」
「叩いたら割れちゃうからな」
「増えるんだもん!」
「……天真爛漫さと察しの良さは認めるが、ボケにボケで返すのは良くないな」
「浮気はダメだよ!」
「斬新な解釈だ。90点。面白かったので腕を組むのは全面的に許可しよう」
「拝承致します」
 えへへと心底嬉しそうに笑う彼女。うむ、身内を誉めるのは良くないが、かわいいぞ。あまりにもかわいかったから褒美にくしゃと撫でてやろうと思ったが、よく考えれば腕は既に圧倒的なまでに自由を奪われていた。
「ん?」
「気にすんな」
「はーい」
 まったくだ。


 雪。

 雪が降っている。

 雑踏で消されてしまうささやかなものだけど、それは確かに冬を示している。寒さを協調することで、温かさを浮き彫りにしている。他愛無い会話。何でもない当り前。つまりは、何物にも替え難い幸せってことなのかなと思う今日この頃。その渦中にいる今の俺は最高に幸せってことっすかね。

「よし、今日は飯を奢ってやろう」
「え、ほんと!」
「ただし吉牛」
「卵とお新香は付けてくれるんだよね?」
「いいのかよっ!!」
「最悪だと思ってるけど、それは言わないことにしてあげるよ」
「はいはい、適当にイタ飯でいいっすかね」
「よろしくおねがいしまーす」

 やっぱり幸せです。


【2005.12.23 (Fri)】 かみぶろぐ // TRACKBACK(0) // COMMENT(7)
ぱるる紹介Vol.1
自己紹介してもつまらんので
ぱるるとそのメンバー達を俺の主観で紹介!
Vol.1は俺がパルに入る前からいる人たちで!!

〒 ぱ・る・る 〒

トレイン好きが多い。
安定なのより必死なのが好きだからトレインしてるってのが強いかもしれない。
俺ルールをちゃんと持ってて、人に強制しない人とかにお勧め!
てか、今が多分それの集まり!!
そんなんだから、なじむのには人によっては時間かかると思う。
ただ上下関係とかそういうのは存在しないから
なじんじゃえばかなり楽しいギルドだと思う。

アテポ
ぱるるマスター。
鰐園が消えてからかなああありまるくなった。
でもいまだトレインは大好き。
地味にまめで、地味にカリスマ性あると思うんで
あきた病がくるまではマスターに向いてると思う。

いいな
ひげ。
いると和む(´^ω^`)
あとお金使わなさすぎ!!

まりまり
狩り大好きっ子。
この人と狩りいくとお金と経験値を稼ぐ大変さがわかる・・・
名言は
「狩りはロマンよ(’’/」
「ドロップは命よりも大事!」
等・・・

・こるね・

俺のリア友。
同じ時期にRO始めたのに俺と総資産が3~4倍違う・・・
PCが最高に雑魚い。

ティリア・クロイツ
パル入ったばっかの時は相当怖い人だと思ってた!
だけど話してるうちにただのおばちゃんだということが判明

水瀬 冬夜
パルの裏番町。
普段静かなのにいきなりものすごい毒を吐く・・・
代表例は
「○○さん首になりたいんですか?」


以上!!

まぁあくまで俺の主観なんで鵜呑みにしないよう!
後、思ったより書くのめんどかったんでVol.2はないかも・・・
一回全部消えて書き直したしね・・・
【2005.05.11 (Wed)】 かみぶろぐ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
paruru
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 〒 ぱ る る 〒 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。