ギルドメンバー共用blog (・ω・)
03 // 2017.04 // 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
(*'ω'*)

スポンサーサイト
【2007.03.10 (Sat)】 くれよん日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(3)
▼ Satie
「コーヒー飲む?」
 靄がかかった思考に、声が届く。頭の右半分が枕に埋まっているので、聞こえるのは左耳だけ。どっちからってのさっぱりだけど、枕に頭が乗ってて、右腹が下にきてるってことは、目を開ければきっとタンスが見えるはずで、声は背中の向こうからきてるわけで、隣の部屋に彼女はいるらしいということがわかる。わかったからどうでもって話だけど。
「飲まないの?」
 いい加減起きるべき時間なのに、さっぱりやる気が起きない。夜更かしはいつも通りだったし、ちゃんと最後までできるぐらいには起きれていたわけだし、それでもここまで眠たいのはやっぱり体質なのかなぁとか思ったり、思わなかったり。思ってるんだけど。
「飲ーむー」
 いかにも寝起きの声を張り上げ答える。
「かーもー」
 暈してみる。
「いらないの?」
 ちょっと悲しそうな声。
「ううん。ごめんなさい、飲みたいです」
「はいはい、挽いといてあげるから、すぐに起きてよ」
「あーい」
 返事をして、半身からうつ伏せへ寝返りを進める。位置が変わった枕からは、彼女の匂いがした。にへら、と緩む。……ったく、 昨日あれだけしたのに、この程度でまた嬉しくなってしまうあたり、どんだけやられてんだよ俺、とか思う。思うけど、それはそれでいいのかなとも思う。超負け戦。
 なんて1人惚気をしていると、隣の部屋からごりごりとコーヒー豆を砕く音が聞こえてきた。手動のミルを回す音。
 彼女は昔からコーヒーが好きだった。大学の頃、彼女の家に行く度に、三角フラスコの口を短くしたようなコーヒーメイカーの容器がテーブルの上が鎮座していたのをよく覚えている。俺達はそれを挟んで、話をしたり、それぞれに本を読んだり、テレビを見たり、うっちゃってベッドに潜ったりしたものだった。彼女の部屋の匂いは、失礼な話あまり思い出せないのだけれど、コーヒーの香りだけはよく覚えている。むしろ、それこそが俺にとっての彼女の象徴だったりする。だから、こうしてまどろみながらミルの音を聞くのも至福の1つで、むしろ、そのためにここに来ていると言ってもいい。
「ほら、お湯沸いたよ」
 だから、コーヒーに対してはとても厳しい彼女が怒って蹴飛ばしに来るまで、タイムアップぎりぎりまでは粘ってやるのだ。ぜーんぶいい訳だけどね。
【2007.02.21 (Wed)】 ひげ日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
▼ hold the
 こうじはいつも前を、半歩前を歩く。肩が触れない程度に、背中が見えない程度に、手を伸ばせば届く距離を、振り向かずに歩く。話す時も前を見たままで、まるで私には興味がないように、その癖、からかってやろうと足を止めたらすぐに気がついて、無言で私の前に戻ってきてぽかと頭を撫でる。ううん、撫でるってのはこうじの言い分であって、ぶっちゃけゴチンって感じで、ぶっちゃけすんごく痛い。だから、ぶんむくれてやるんだ。すると、今度は逆ギレすんなって怒られる。全く酷い話。全く正しいこうじ。全く酷い私。
 それなのに優しくしてくれるから、無駄に優しいから、困る。ほんと、困っているのだ。


 後ろがんばって書いてたんだけどうまくまとまんね。
 没。

 ふみが手を繋いでくれないこうじに煮えて、
 こうじの方は手を繋ぎたいけどなかなかできなくて、
 最後に早く来いって手を引く話。

 の予定だった。うんこ。
【2007.02.06 (Tue)】 ティリア日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
昨日の話
 雪。
 雪が降っていた。
 灰色のビル間に広がるこれまた灰色の空から、真っ白な雪が粛々と降り出していた。
「こうじ、雪だよ」
「だな」
 地下鉄へと通じる階段の上から三段目。俺が壁を背にし、ふみがその正面に立ち、互いの距離はないに等しい。その上で背へと腕を回してるこの状態は、傍から見れば抱き合っているように見えなくもないが、実際に抱き合っていたりするので仕様がない。一応、人通りの少ない末の階段を選びはしたものの、それでもちらほらと通る人達はいるわけで、その度に気まずい思いをしている、俺だけが。そもそも、壁側に立っていた時点で負けは確定していたのだ。
「なあ、まだか?」
「もう少し。まだ電池メーター2つ目ってとこかな」
「高速充電機能とかついて無いのか」
「ん? んん? それはちゅーをしたいってことかな?」
「ちげぇし! わかったから、大人しくしてろ」
 見上げようしていたので、後頭部を抱えてきゅっと押し付ける。今の顔を見られるのは色々とうまくない。昔からポーカーフェイスは苦手なのだ。
 押し付けた分、息苦しくなったので、少し深く息を吐く。奥の方から出て来た吐息は頻繁に出入りしているものと比べ湿り気が多く、より白く凍った。きらきらと目に見えそうなぐらい大きな結晶達が一瞬視界を覆い、散る。と、こんな風にどうでも良い当たり前に感傷を覚えるぐらいやられている時期なので、そりゃもう目なんて合ってしまったら全てを悟られてしまうに違うないのだ。それは困る。困るのでくしゅくしゅと撫でてやった。珍しく嫌がらなかった。
「ねぇ」
「どうした。もういいのか?」
「ううん。そうじゃなくて。考え直す気とか、ないのかな?」
「何のことだ」
「わかってる癖に」
「お前だってわかってんだろ」
 頭にやっていた手を背中へと戻す。
「でもでもっ! 時間が解決してくれるとか、そういうのってあると思うんだよね」
「どうにかなるんだったら、とっくになってるだろ。なってないだろ。いや、そりゃ、俺はお前のこと好きだよ」
「私も好きだよ。だから、ね?」
「けど、それ以上に嫌いだ。好きが8で嫌いが6ぐらいだな」
「それだとやや好きってことで良いのかな?」
「そして、こいつ面倒臭ぇが20」
「ひどっ! それ、全然勝負になってないよっ!」
「だから別れるんだろ。そもそも付き合ってたかどうかも怪しかったけどな。ほら、そろそろいいか」
「今ので気分を害しました。あと5分追加です」
「そっすか」
 どうでもいいけどね、なんて続けたらさらに延長されてしまいそうなので、胸に留めておく。そもそも、別れようと言い出したのはこいつなのに、それで呼び出されたのに、何を言ってるのだろうか。だんだんムカついてきた。
「ふみ、ちょっといいか」
「いいよ」
 と言われたので、肩を掴んで少しだけ体を離す。
「え? 終わり?」
「終わらない」
 空いた隙間に腕を入れ、ふみのあごに指をやる。ちょっと力を入れたら、すぐに理解された。全く、こういうところは感のいい奴なのだ。
「ほら、充電してやる」
 ムカついたのであくまでも偉そうに。偉そうに重ねてやった。
【2006.12.10 (Sun)】 かみぶろぐ // TRACKBACK(0) // COMMENT(8)
▼ 9/24GG だるっこ
 今回は眠たかったのでGGをお休みしました。という予定でしたが寝付けなかったので8時半ぐらいから参戦しました。参戦っつってもどこにも所属しないでぴょんぴょん飛びまわるだけです。言うなれば練習。


 C1

 ぽたとるのもだるかったのでぱるぽたに乗ってました。C1で何度もロキの切れ目を狙いますが見つけられず終了。


 V3

 いの一番にERにつくと裏には誰もいない。ってことでWR高飛びで裏周りのEMC。SAYレポではアサクロ3人とありましたが、アサクロ*2+ケンセイがアタッカーです。アタッカーというか、別の城にそれぞれ遊びに行ってるのを勝手に呼び出しです。んでEDP使用は俺だけ。それでもなんとかわれるかなーと思ったのですが、プリの人の動きが良かったため割れず。残念無念。その後はしっかりと裏に人を置かれてしまった為、そして今回が単独でありどんなことをしても良かったため、普段は行わない左右や斜めへの高飛びの実験を行いました。ここで例の仕様変更が効いてきました。相手が密集しているところだとまず飛べない。すかすかになってきたなぁと思ったら飛べる、そんな感じです。それでも左右に振ったり奥に飛んだりカウプで阿修羅防いだりして人を分散させます。EMCモトライしますが、5秒なら余裕で通るのに、やはり10秒というのは絶望的です。そんなこんなして俺が右上奥に人を集めている間に左側でアルマ亭新館のリンカマスターがEMCを決めます。ファッ
ク。そして人数は10人以上いました、オオス。割られました、パリーン。
 落城後はレース。ぱるぽたを使ってレース。ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉって感じにダッシュするも、エンペ殴っているところでぷらちから阿修羅ドゴーン。ファック、向こうが落としたら俺もっかいテコンで落としてやると思いつつ城前待機していると兄者がやってくれたパリーン。いえあああああああああ。


 C3

 その後は手持ち無沙汰にアサクロでC3見に行って、foなんだらって昔からあるところが防衛してたんだけど、大魔法が交互に1枚出る感じでラグも結構あったんでいけるんじゃねとクロークブーン。FWも大魔法も無視して相手の裏へ回ることに成功。サンドメンとかミミズの気持ちっすね(対β2マジ)。あとはEDPしてパリーン。防衛側には何が起こったのか分からないぐらいに一瞬の出来事でしたとさ。


 C4 V5

 今週の目標はダブル。三人でダブル。なので10分前から落ちる時間を全ての砦で取得しつつ目的にそった城を選定。その結果がC4とV5。しかし、53分の時点でへ協が落としてしまい微妙な雰囲気に。アサクロ単身で奥まで行き、エンペ殴ってる現場を目撃。これはやばいってことでEDPで割に参加するも、エンペが中々たげれず焦ってしまい自分のHPを見忘れ、タゲると同時に死亡無様。そして時間がなくなりエンド。無様。



 総評

 二兎を追うものは一兎も得ず。やはりダブルは難しいと言う結論に。しかも3人という、完全に防衛を放棄した時間差だけでの取得という形はかなりありえないなと。しかし、ノウハウを学ぶ事はできたので、次回機会があれば前向きにトライしていきたいと思います。取得率に関しての拘りもこれで潰れてしまいましたしね。

【2006.09.25 (Mon)】 ラグナロクオンライン // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP | 次のページ »
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
paruru
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 〒 ぱ る る 〒 All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。